« ハリー・ポッター | Main | プチ銭湯 »

2005.06.19

付き添いで電車通学してます。ご迷惑かけてます。

来週は娘の林間学校があるのですが、学校側から子供に荷物の点検をやらせるために前もって週の始めに荷物を用意し、学校に持参するようにお達しがありました。慌てたのはクラス3名のうち2名の電車通学をしている付き添い母(自分も含む)。ただでさえラッシュアワーに子供を乗せることで回りの顰蹙を買っているのに、その上、学校の普段の勉強道具プラス林間学校の大荷物。車で運ぶとかいろいろ方法を考えたものの、どうもうまくいかないので、どっちみち顰蹙が大顰蹙になるくらいだろうと開き直って電車に乗ることにしました。明日はどうなることやら。(^^;)

ラッシュアワーも自分一人なら、どうにでもなります。少なくとも自分は若いときは乗る電車も決めていました。でも、子供とだと出る時間も歩く速度もいろいろなので、乗る電車も車両なども一定することがなくて、ときどきとんでもない大混雑に当たってしまうこともあります。ウチの乗る路線は特急が3分くらいおき、隣の駅で車両の増結があることもありますが、その増結も後ろに増結する場合と前にする場合があったり、女性専用車両も乗れたり乗れなかったりします。場所によって混雑具合が違うかといろいろ乗ってみましたが、前でも後ろでもまるで同じに混んでいます。各駅停車にも乗ってみましたが、時間がかかるだけで、座れないのは同じなのでかえって疲れてしまいました。

それだけいろいろ調べてみても解決策がないので、このごろは開き直っても来ましたが、週に一度くらいは誰でもあることでしょうが、ムカつくヤツがいたりなんかもします。障害があるために地元の小学校に入れて貰えない哀れな小学一年生が、仕方なく乗っているラッシュの電車が傾いてバランスを失いその人が大事そうに抱えてたカバン(普通に持ち手を持って手を下げてくれたらかなり空間が空いたでしょう)にもたれかかったからって、なんでそんな感じの悪いリアクションしなくちゃいけないのか、みたいな。これって前に会った感じの悪い女子中生そっくり。やっぱり凄いラッシュの中、「うーん、なによ〜、もういや、ふん!」みたいに自分のスカートをたぐり寄せたりなんかしてましたが、その人は「なによ〜、もういや、ふん!」状態で自分のカバンを自分の気に入るポジションに抱え直してました。こうかくとひ弱そうなオカマっぽい人を想像するかもしれないけど、柔道でもやってそうな屈強そうな大きな人だったりしたのが情けなかった。了見の狭いヤツめ、等と心で思いながら、、、ではなく私の場合本当に声に出して言っちゃうんですよね〜子供に話しかけるフリしながら「なに、このオヤジ感じわる〜」みたく。当然娘は聞こえませんから独り言です。ただ幸い今のところ逆襲に合ったことはありません。「感じわる〜」なのはむしろ私です。人に言うと「今の時代怖いから気をつけろ」と言われてしまいますが、血統だから仕方がありません。ウチの姉は以前狭い路地に入ってきたベンツを後ろから蹴飛ばしてました。

でも電車で出会う殆どの人は普通です。娘に席を代わってくれた人も2人いました。両方ともオジさんです。こういう優しいオジさんには幸あれ!と思ってしまいます。
クラスの友達のお母さんが言ってました。「電車やバスで出会うはいい人もイヤな人もおじさんなんだよね。いい人はきっと子供がいるんだろうね。イヤな人は子供がいても育児を全くしてないんだよね、だからわからないのよ、きっと。」なにはともあれ、子供には学校へきちんと行かせるのがしつけの第一歩とはいえなかなか大変です。

|

« ハリー・ポッター | Main | プチ銭湯 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 付き添いで電車通学してます。ご迷惑かけてます。:

« ハリー・ポッター | Main | プチ銭湯 »