« 80年代の職業用ミシン | Main | レッツ縫い物 »

2006.09.16

何故あなたが逃げる?

今日はとてもお天気が良かったので娘と近場サイクリングでした。この所の天候不順で体調は最悪で、走りながら出る生あくびは1分おき。お陰で悪いものが抜けて頭がすっきりしてきました。八景島駅前でカニとりをする子供達などをみて、(暑かった)柴の黄色い壁が目印のパン屋さんに寄って帰り、家の近所で車をさけるためにいつものまがりくねる細い道を娘とゆっくり走っていたら(突然何かが飛び出してきたら危ないので意識して注意して走っています!)いきなり後ろから来たおばあさんの自転車が私の斜め後ろで壁に激突。びっくりして「大丈夫ですか?」というと、いきなり娘に「あんたが悪いのよ、いきなりハンドル切るから!」というので、「あの、この子耳が聞こえないんですが」と言ったら「それならいいんです。」といきなり口調が優しくなって逃げるようにその場を去っていきました。なんだかしらないが、あのぶつかりかただとかなり痛かったのではないのでしょうか?しかし、もしウチの娘が悪いのだとしたら、耳が聞こえない事とは関係がないので、何で逃げるみたいに行ってしまったのかも変です。私が自転車を止めて振り向いた時点では娘は私の真後ろを走り、道の左に寄った状態でした。つまり、彼女が無理に自転車のハンドルを切ったり、幅寄せした事実はなかったし、また、警笛(ベル)や「抜かしますよ」等の声かけなども健聴の私にも聞こえなかったのです。。私は自分の許容範囲で走っていたので、私よりも年配の人がそれをかわして道路の狭くなったポイントでさっと追い越すのは許容範囲を超えてしまうことになるわけで、それにも関わらず追い越そうとして失敗してしまったのではないかと。
要は、無茶を「オマエが悪い」発言で取り繕ったと言うか、ウソっていうか。まあ、ワケもなく訴えられず良かったです。それにしても、ご年配の人の自転車乗りは普段でも見ててはらはらすることが多いです。判断力がまるでないんで。

|

« 80年代の職業用ミシン | Main | レッツ縫い物 »