« September 2006 | Main | November 2006 »

2006.10.31

30年の封印を解く

2006/9/23に開催された吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006。NHKのニュースであんまりしつこく宣伝してたので、TVで見ることにしました。30数年前のつま恋に行ったわけでもないし、今回のつま恋も当日まで知らなかった。
テレビではガンを克服してステージに上がった吉田拓郎にスポットがあたっていたのですが、自分としてはなんと言ってもかぐや姫。最初に自分のお金で買ったレコードはかぐや姫の「はじめまして」だし、ギターを持ってからはかぐや姫のソングブックとにらめっこでコードを覚えました。でも、解散後は自分はそのままアメリカのフォーク&ロックに興味が行ってしまい、二度と日本に帰ってくることはなかったのです。(だからカラオケはフォークソング以外殆ど歌えません!)

吉田拓郎&かぐや姫Concert in つま恋2006

という事で本当に30年ぶりに彼らの音楽をTVで聴きました。(あ、10月29日放映の分は再放送&ハイライトですね。)姉と見たので、2人でイントロ当てクイズ状態。30年くらい歌ってないはずなのに、何故か歌詞が出てきたりする。やっぱり、10代の記憶というのは凄いです。(だから世界史も大事なのねー)

今聞くと、女々しい歌詞や生っぽい言葉がこっぱずかしい感じもあるのだけど、アコースティックギターが重なり合う音と南こうせつの声、3人のハーモニー、そして、山田パンダさんのウッドベースのサウンドというのが凄く良いです。まさに正しいフォークのスタイルという感じ。彼らのこういうサウンドはこのアルバムで聞くといい。

かぐや姫おんすてーじ

ジャケ写真でも伺えますね。値段は30数年前より安いし(^^;)

つま恋での正やん、昔と変わらずカッコイイけど、声が出なくなってた。
彼らの演奏でいいな〜と思ったのは、「おもかげ色の空」と「眼をとじて」でした。上に書いた、フォークのスタイルが生かされてる曲です。
拓郎の歌はシングアウトができるものがあんまりないなと気が付きました。
かまやつさんとの「我が良き友よ」良かった。この人もあんまり変わらない。昔、横浜FMの公開放送を見に行ったとき、かまやつさんがゲストで出てました。友人がサインを求め、かまやつさんは私たちに「中学生なのですか?」とききました。丁寧な方(??)ですね。
吉田拓郎も好きな曲は沢山あるし、声と歌詞(というより詩)のすばらしさは今聞いても色あせていないですね。高校の演劇部の部室で、「ガラスの言葉」をギターで弾いたもんだった。

|

2006.10.30

ライブのお知らせです。

11915717_227
 "A Drop of Good Beer ライブ

日時:  2006年11月25日(土)午後6時〜8時
場所 : カフェクレオール 京浜急行金沢八景駅徒歩2分
    神奈川県横浜市金沢区瀬戸15−14 松葉ビル1F
    電話 045-784-7427
カフェクレオール

イングランドのトラディショナル・ダンスミュージックを演奏するバンド、A Drop of Good Beerの初の地元ライブです。ボタン式アコーディオンの一種であるメロディオンを中心に、バイオリン、バンジョーなどで演奏します。普段あまり見られない楽器たちですが、懐かしい音がしますよ。お食事や飲み物を楽しみながら リラックスした雰囲気でお楽しみください。体が動いてきたらダンスもOKです!
ライブチャージはありません。お料理もとても美味しいお店ですので、是非ドリンクやフードを注文してください。

A Drop of Goodbeer
米山永一 メロディオン 
小泉真樹 メロディオン&コンサーティーナ 
大石優子 バイオリン 
小泉雅義 テナーバンジョー&マンドリン
 
*いつも、地ビール関連のイベントでのBGM演奏が活動の中心だったのですが、今回初の地元&単独ライブになります。楽器や音楽の話も交えながら進めて行こうと思っています。
*メロディオンの米山永一さんは私たちにアコーディオンとイングランドの音楽を教えてくれた人で、有名な絵本作家です。

Photo

|

2006.10.29

ジャパンビアフェスティバルin Yokohama

Cimg4073
5月に東京恵比寿で行われた「グレートジャパンビアフェスティバル」が今年初めて横浜で行われる事になり、東京の時同様、ウチのバンドA Drop of Good Beerは演奏ボランティアという形で参加させていただきました。会場の大桟橋ホール、初めて行きました。桟橋が板張りになって、不思議な形の建物になっています。会場までの道、方向はあってるのに、かなり迷いました。バイオリンのPipeさんは当日足の指を怪我してしまったのに、物凄い歩かせてしまいました。楽器運搬でこの日の労力の半分は使ったかも?
演奏は4セットくらいやったでしょうか。最後のセット(6時半くらい)にはお客さんも(お酒が回って???)凄く盛り上がってくれてステージ下には大きな踊りの輪ができ、演奏している方もとても楽しかったです。(写真は娘が撮ったこの下手いのしか、今はない)
Cimg4084
このホール、恵比寿ガーデンプレイスの会場よりも2倍以上は大きかったのですが、面白いのは入場してくる人が演奏するステージ上からよく見えるのです。入り口がガラスばりで、その向こうはゆるやかな坂になっているからなのです。(写真では、チューブ型の会場の向こうに見えるところが出入り口です。肉眼でみると、人がどんどんこちらに来るのが見えます)
また日没後、夜景が素晴らしく、港を行き来する船のライトも綺麗でした。横浜はいいです。港は最高です。
Cimg4080_1
またウチの娘は以前ビアフェスのボランティアに参加していたMさんに頂いたメイド服を着て、サーヴィングされたビールのお渡しのお手伝いをさせていただきました。キッザニア連れて行かない分、これでダマしておこう。それにしても、入れて頂いたブースの皆様、ご迷惑をおかけしましたが、よい経験をさせていただきました。

|

2006.10.25

縮んでるような気がする。

Eilian86Eilian

グーバパパさんにもらった宇宙人。左が8月6日の写真、右が今日の写真。やっぱ縮んでますね。

|

2006.10.24

何故母だけ喪服

を着ているのか?と私は友人に尋ねてしまいました。
ウチらの子供たちが学校から帰るバスをY駅で待っていたら、お受験の帰りとおぼしき家族がゾロゾロとバスからお降りになってきました。身なりがよく、おりこうそうなお子たち。ストライプのネクタイにスーツ姿のパパ。ママもきちんとしたスーツ姿。だけど何故か黒。バッグも靴も黒。しかもインに着てるものも白いシャツとかじゃなく、絶対黒。一瞬、葬式の帰りか?と、友人に聞いたが「いや違う、これはお受験」と友人も断言します。「何かの受験マニュアルに、こういう形のスーツを着ろ、って書いてあるんだよ」しかし、どうみても「きちんとした母」といよりは「葬式帰り」。しかも、降りてきた全ての家族の母が、判で押したように同じ、喪服系。家に入る前に塩をまいた方が。。。みたいな。

きちんと系でもグレーとか紺だと面接で落ちるのかな?どなたか情報知ってますか?凄く気になりました。

|

2006.10.20

蔵出し画像

Cimg2287このプリントを娘が学校から貰ってきたのはいつだったか忘れたけど、他の小学校でもこういうものを配るのかなあ?と思った次第。可愛い絵だと思ってたら、さすが聾学校、学校に行ってみるとこの絵を特大にプリントしたものが保健室のドアにどーん!と貼ってありました。もう笑うしかない。
どうやら特大プリンターが学校にあるらしく、なんでもかんでもでっかくプリントして貼ってあるんです。聴覚障害者には視覚的にわかりやすく、がモットーなんですね。

|

2006.10.15

心と体を動かした1日

Cimg4031
Cimg4039
ウチが参加しているサークルの福祉バスという制度を利用して、バスハイクに出かけてきました。場所は「富士山こどもの国」。昨日から気温がぐっと下がり、富士山こどもの国も寒かった。でも、ここはバスハイクで出かけた場所の中でもベストにはいるくらい、ゆったりした、いい場所でした。まだ、施設の半分も遊んでいないので、もう一度出かけたいです。
私たちのサークルで遊んだ場所は、ポニーの家、まきばの家、ひつじの家、それから「わんぱくの森」での木工遊びとアスレチック。動物さんとも随分遊ばせて貰いました。この手の施設の動物さんはストレスで死にゃしないかと、ちょっと心配になりますが。。。
アスレッチックなどで遊ぶといつも思うけど、もっと子供達にこういう遊びをやらせないといけないなーと。複雑な体の動きを要求される、こういう遊具は頭と体を同時に動かすわけで、昔の子供達は野山や海をかけまわってこういう体の動きを体得していた。「勉強さえ出来ればいいわけじゃない」というけど、そこでいう勉強っていうのは本当に限られた紙の上での勉強で、人間が生きていく上で必要なのはそんな事じゃない、というのをちょっと考えさせられました。
まあ、ここは基本的には管理された清潔なテーマパークなワケなんですけどね。

富士山こどもの国

そろそろ、涼しくなってきたから、ウチのマンションの裏山で遊ぶかな〜。(ウチが行ってた幼稚園では12月になるとよっぽどの荒天でないかぎり、毎日この山に入って一日を過ごしていました。こういう経験ができない子供達が可愛そうにさえ思えるくらい、楽しかった。付き添いで親が行けるんですけどね。)

|

2006.10.11

金魚が死んだ

先日具合が悪いとお伝えした金魚、意外に長く生きて、今朝お亡くなりになりました。7時頃の朝のエサは食べてたハズなのに、9時頃みたら、動かなくなってました。色もしろっぽかったし、金魚なのにこんなに痩せてる、ってくらいやせてました。でも、死んだばかりだったので結構綺麗な「死に顔」(?)でした。近所の公園に埋めました。娘が雑草の花を抜いて手向けてやってました。

というわけで2つにわけていた金魚の水槽を一つにまとめました。小さい新参者の金魚が弱った年寄り金魚をいじめて困っていたからです。

Cimg4016

|

2006.10.08

最初に作ったホームページ

私が一番最初に作ったホームページです。まだ20世紀。

COCO猫村ホームページ

このブログは最近お知り合いになった方も多いので、良かったら見てみてください。随分長いこと放置したため、リンクが壊れてる所も多いし、情報もかなり古いです。本やグッズはもう入手不可能です。ポートレートの写真が「...........」です。

|

2006.10.07

タダのミーハーかも

Souziこの8年くらいの間に掃除機を3個買ったのだけどどれもすぐに壊れてしまいました。最初の掃除機はホース部分のコードが断線。電源プラグも壊れた。次はそれにこりてスティック型にしたのだけど、自立式は根本部分にちからがかかるので根本のパイプが2度も壊れてしまいました。3個目はサイクロンでスティック式、中にほこりがたまるのが楽しいのだけど、すぐにゴミを吸わなくなったりするし付いてるブラシも回らなくなり、1年すぎてホースがへたってしまい(構造に問題がある)延長管のストッパーも壊れてしまい修理すればいいんだろうけど、めげてしまいました。夫が高い掃除機を買ってもいいとつぶやいたので、ダイソンを買ってしまった。
前回の安い掃除機(1万ちょっと)のを買いに行ったとき、やる気のなさそうな関西弁の店員が「掃除機かうならダイソンでっしゃろ(でっしゃろと言ったかどうかは覚えてないが)」と言ってたんだけど「ウチはそんなお金ないし、狭いしフローリングだけだから」といって安いのにしたんだけど、当時は確かまだダイソンの日本向けコンパクトモデルが出てなかったからまあ仕方がなかったでした。大体、ダイソンのイメージ自体あまりよくなかったです。店へ行くと必ずカタログを貰って帰ってきたんだけど、日本の某メーカー(シャー*)のモロわかる製品をダメダメ掃除機とアピールする内容で、シャー*の人が見たらむかつくだろうなーと思ったもんです。

先日また同じ店に行ってダイソンを見てたら、「ダイソンよりも東芝のタイフーンロボの方がいいよ、お客さん(お客さん、と言ったかどうかは不明)」と言ってきました。最近ミーレやダイソン、エレクトラロックスなど海外メーカーの掃除機がよく売れているので、東芝も日本の家電メーカーの威信をかけて新システムを開発したのでしょう。その名もサイクロンではなく「タイフーン」。店頭のデモを見てもダイソンより排気が穏やかでホコリもよく吸う。でも、たまったほこりが見えないのはつまらない。デザインも夢がない。

というわけで、ダイソン、楽天のお店で大型電気店よりも1万くらい安く買いました。このモデルはそれぞれ付いているアタッチメントの違いでモデルの名前が決まっていて色も違います。ウチのはアレルギーというモデルで青です。黄色は何も付いていないモデルで、全部ついてるのはゴールド。ペットのいるウチ用のは紫。なかなか綺麗です。
これですぐに壊れたら怒るぞ。2年補償だから大丈夫とは思いますが。


|

2006.10.02

でか足女の人生

私は背が低い割に、足が大きいです。昔は靴を買いに行くとサイズが置いてなかったりして、靴が買えなかった事がよくありました。横浜高島屋がひどかったです。今はそんな事もないでしょうけどね。
(サイズは24.5でした)
大学4年になって就職の面接を受けるとき、靴の会社で「デカ足に悩んでいるから靴業界を変えたい」と言ったらパスしました。当時、デザイナーズブランドが大流行で靴の分野でも安くていいブランドが沢山出てきたので、靴のサイズや形で苦労することも段々少なくなってきましたし、社販のスニーカーもなかなか良かったでした。

最近靴屋で靴を探していると店員は「3Eだから履きやすいですよ」とやたらと幅広な靴を勧めてきます。でも自分で足囲を計ってみるとE一つというサイズでした。全然バンビロ足じゃないじゃん。でも、甲が低いんですよね。いわゆるガーコ足。アヒルの足ヒレみたいな足なのです。3Eの靴なんか合わないモン!

2年くらい前、子供の卒園に合わせていわゆる黒いプレーンなスタンダードのパンプスを買ったのですが、2.5ミリ刻みで出ているものがあって、23.75センチというサイズを買ったらピッタンコでした。この年で初めて自分のサイズの靴に出会ったとは。

今年の夏はビルケンシュトックのサンダルが欲しくて、靴屋さんに見に行きました。町でも、ゴムゾウリ形のやつを履いてる人が随分いましたが、あのゴムゾウリ形、自分の靴のサイズのやつを履いてみると指がコバの先っぽから出てしまうのです。指が出ないようなサイズを店員さんに探して貰ったら、靴のサイズよりも1センチ以上大きな物になってしまい、後ろがカパカパになってしまったのでやめました。今まで自分はデカ足だと思っていたのは実は指が長かっただけだった!

何年か前だと思いましたが、女優の深田恭子さんがデカ足だと騒がれた事がありました。TV番組で取材したところ、「確かに大きいサイズ(25だったかな)を履いてるんだけど、私って指が長いんですよね〜。」と彼女はコメントしてました。足がでかいのと足指が長いのじゃ、同じ結果(でかいサイズの靴を履く)であっても、イメージは全然違うのだな、と思いました。これから私もこれで行こう!と思いました。

この間の夏休み、娘とサンダル履きで美容院に行ったところ、近所の知り合いの女性が娘に「あなた足指長いわねー。特に中指、親より出世するわよー」と話しかけてました。確かにウチの娘の足の中指は結構長いです。その後その人は「あら、お母さんも指が長いのね。お母さんゆずりね」と言ってくれました。

343651_1
*足に合わなかったビルケン。写真はどこかのショップのを拝借。

|

« September 2006 | Main | November 2006 »