« 暮れのしごと | Main | 一輪車 »

2006.12.19

賞味期限が切れたらどうしよう?

この間TVの街頭インタビューで「賞味期限が切れたらどうします?」という質問に「すぐに捨てます」と答えているひとが多いのに正直ビックリいたしやした。「賞味期限が切れる=腐る」ではないはず。
ただ、最近の「ノロウイルス」の大流行やら、中国製冷凍食品の賞味期限書き換え(それも2年も!)などが報じられる中では、食品衛生に関していい加減なやり方をしている業者などは到底許す事はできませんし、警戒心が強くなるのもわかります。

所で、暮れなので、冷蔵庫の整理をしてみました。冷蔵でない食品キャビネットの方も。ハテナ?のものが結構出てきました。

で、出てきたモノその1。デュラムセモリナ(小麦粉)。賞味期限1年切れ(きゃー!)でも卵麺にして食べたら、美味しかった。しかも、体調不良者なし。って実験された家族(来客した姉も含む)は一体。

実は、次に控えているのはいつのか記憶さえない更級の高級そば粉。ダンナが蕎麦打ちをやらなくなったのであるのですが、完全にフタをして取ってあるので大丈夫なもよう。今度パスタマシーンで蕎麦作ろうと思います。パスタマシーンでも自分で蕎麦作ると香りの良さに感動します。「男の蕎麦打ち道場入門!」みたいな意気込みは不要です。

最近は工場の衛生状態もよいので、信頼できる会社のものであれば未開封なら、賞味期限が多少切れていても大丈夫とは思いますね。意外とまずかったのはカップラーメン。賞味期間が長い割に、期限が切れるとすぐまずくなります。

いま最大のハテナはずーっと冷蔵庫に入ってるイカの塩辛。塩辛は発酵食なので、大丈夫だし、味見しても変な味はしないのですが、やっぱこれは捨てるかなあ。キムチに入れれば大丈夫?って何の根拠があって?

実は今年は私は発酵食品マイブームで、虫やカビがつかない限り日が経っていても食べられるのだ!という変な自信ができ、母が「いつ漬けたのか全然記憶がない」ニンニク味噌とか、10年越しのピクルスとか、そういうものが妙に貴重に思える。勿論、発酵食にも食べ頃があります。それは人それぞれの好みがありますけど。

熟成か腐敗か?判断が難しいけど、人間的には年取って熟成が進みたいと思う今日この頃です。

|

« 暮れのしごと | Main | 一輪車 »