« 男の子人形 | Main | 夢は連動する? »

2007.02.08

思い出すのは電車の中のあやまり男

最近の大臣の事ではないのですが、何も言わずただひたすら謝られるとホントはなにかあるのではないかと思ってしまうのはあの光景を目にしたからでしょうか?
10年以上前、夜、パーティの似顔絵のバイトをして帰りに雇い主と仲間と山手線に乗りました。そんなに混んではいなかったのですが、席はいっぱい。私たちは3人くらいでドア付近の所に立っていました。次の駅でお客がまた乗り込んできました。ある若いサラリーマン風の男が中年サラリーマンの席の前のつり革を持ち立っていたのですが、酔っているのか、フラフラして中年サラリーマンにやたらとしなだれかかったり寄っかかったりしている。あまりにわざとやってる風なので、中年サラリーマンは怒りだし「なんだ!お前!」と怒鳴り出すとその若い男は「ああ、ごめんなさい」といいつつも、その嫌がらせっぽい行為は辞めない。口では「ごめんなさい、ごめんなさい」と言い続け、ついには中年男に抱きつきだしたので、中年男は気色悪くて立ち上がった、、、、とそのスキに若い男はちゃっかり空いた座席に座ってしまいました。中年男は一瞬あっけに取られたあと、抗議を始めようとしましたが、瞬間で若い男は寝たふり攻撃に転じ、中年男を徹底的に無視。回りの人も何も言えなくなってしまいました。若い男は最初から他人の席を取りあげるつもりだったのか、見事なまでの犯行に笑うしかありませんでした。

|

« 男の子人形 | Main | 夢は連動する? »