2006.10.11

金魚が死んだ

先日具合が悪いとお伝えした金魚、意外に長く生きて、今朝お亡くなりになりました。7時頃の朝のエサは食べてたハズなのに、9時頃みたら、動かなくなってました。色もしろっぽかったし、金魚なのにこんなに痩せてる、ってくらいやせてました。でも、死んだばかりだったので結構綺麗な「死に顔」(?)でした。近所の公園に埋めました。娘が雑草の花を抜いて手向けてやってました。

というわけで2つにわけていた金魚の水槽を一つにまとめました。小さい新参者の金魚が弱った年寄り金魚をいじめて困っていたからです。

Cimg4016

|

2006.09.05

金魚が病気

Cimg3774
先日ご紹介した、我が家の金魚。3年経った2匹のうち、一匹が病気らしくもしかして死ぬかも?水槽の下で、じっとしてて、色つやも悪く、エラなども充血しています。今年やってきた新参者の金魚たちが、こいつをつっついたりもするので、新参者だけ5匹を隔離しました。
考えてみると、この金魚、貰ってきた当初から全然元気がなく、時々せびれをたたんだまま下の方でじっとしてることが多かったです。金魚の病気の時はいつも塩水浴をさせてましたが、っていうか、それで大体元気になるので、他の治療法をやったことがないので、今も塩水(0.5%)入れてやってますが、いま一つ。まあ、当初から病弱なのに、3年生きてしかも結構な大きさになっているのだから金魚としては幸せかも?
頼むから忙しい平日の朝に死なないでおくれ。

|

2006.08.31

一人っ子の旅立ち

Cimg3755
今朝、5時半に起きて見たときは何も起こっていなかったのが、6時半に洗濯物を干しにベランダに出てみると蝶が出てきていました。まだ羽化したばかりのようで、羽を広げてみるとヘナっと折れてしまっています。しばらくしたら綺麗に羽が伸びてきました。じっとしていたので、朝はさなぎハウスにいれたままにして、午後帰ってきてから放しました。北の方向へ風にのって飛んでいきました。いつもながら感動的です。
Cimg3757

|

2006.08.21

はやばやさなぎに。

Cimg367006年夏モデル1号の青虫ちゃん(娘は女の子がいいのだそうだ)は昨日の夕方、パセリを食べるのをやめ、さなぎになる旅に出ました。そして数時間さなぎハウスをうろうろした後、前蛹(ぜんよう)体勢に突入。このあと、今日中には脱皮をして反り返りスタイルになって本格的なさなぎになります。が、今日は夏休みの小旅行に出かけるので多分脱皮のレポートは無理かと思います。しかも、この子、さなぎハウスの出入り口である、ファスナー(元は干物製作用のネットだった)の所に糸をかけてしまったので、ファスナーを動かすことができなくなってしまった。なので、撮影もチョウチョの出入り口である、天井を開いてしました。見下げているので形がわかりにくいですね。
夏の子なので、あと一週間後くらいに蝶になるかと思います。

|

2006.08.19

なぜか一人っ子

Aomusi
ウチのベランダで4月に蝶を送り出してから初めての夏の青虫(キアゲハの幼虫)を発見しました。毎日水をやっていたパセリなのに全然気が付かなかった。しかも、いきなりの終齢幼虫。そして、こういう幼虫がいると大抵の場合、周囲に卵やもっと発育のゆっくりめの幼虫が何匹かいるはず(大抵一回の産卵で10個くらい産むみたいです)なのに、いるのはこの子一匹。どっちみち餌があまりないので、沢山いられても困るのですが、なんだか不思議です。蛹になるまで無事に餌がもつといいのですが。月曜に出かける前にさなぎハウスに入れてしまおうと思います。(炎天下で食事中の腹ぺこ青虫)

去年完成した、さなぎハウス。Cimg2627

|

2006.05.15

蜜を吸う蝶

どうやら連休中に学校の蝶が2匹羽化したのですが、先週は寒くて雨ばかりだったので、ずっと放せずにいました。さすがに蝶もお腹がすくのでは?とクラスのお母さんがお花を持ってきたら蝶は蜜を吸い始めました。。。という写真です。普通のカメラなので接写がイマイチですが、くるっとまるまった口の管をのばして、花につきたてています。
先週の金曜も、今日も先生にお願いしたつもりが、、まだ蝶は放されていません。
明日あたりどうかな??
蜜は吸えてもパートナーに出会えないのは可愛そうなので。Butterfly

| | TrackBack (0)

2006.04.25

パセリ喰い春モデル

学校で飼っていたキアゲハの羽化が一段落した所でしたが、昨日の雨上がり昼前ごろ、家のベランダ飼いのサナギが羽化しているのを発見しました。それも2匹いっぺん。確か秋に蛹化したものは4匹だったのですが、2匹が同時に蛹になったので、それが羽化したのかもしれません。
昨日は蝶も元気だったのですが、放すのは娘が帰ってからと思い、でも昨日は帰宅が6時半くらいになってしまったので、今日の朝放そうと思ったら、全然蝶が飛び立ってくれず、また明日に持ち越しました。朝早くは気温も低いので蝶もあまり元気がないです。でも、このまま蛹ハウスに飼ってたら花もないしかわいそうだし。それから、最近、ゴミの不始末のせいかウチのマンション周辺がやたらカラスが多いのもなんだか心配です。Sany0087

2匹の蝶、雄雌があるのか、2匹の大きさはちょっと違います。

| | TrackBack (0)

2006.04.11

ぐげっ(;_;)

昨日の月曜日、教室のチョウチョがいなくなっていたので、まわりを見回すと、羽がもげた形で死んでいました。紙の上にのせてやったら、まだ少し動いていました。まさに虫の息。あとで先生に聞いてみると、土曜に学校に来たときすでに行方不明だったとの事。カマキリや他の虫にやられたのであれば、羽だけ食べ残すので、きっとこれは教室に入ってきた野良猫の仕業ではないかと言う事になりました。それにしてもかわいそうな事をしてしまった。ゴメンちょうちょ。折角チョウチョになったのにね。

| | TrackBack (0)

2006.04.07

っていうかまたチョウチョになった。。

Sany0172
今日も聾学校の付き添いで学校に行っていました。ダンナも休みだったので一緒に車で学校へ。朝の会で子供たち3人が何の係になるかの話し合いで大もめにもめた後、先生も親も子供も疲れ果ててふとサナギボックス(去年の秋私たちが育てた青虫を入れた段ボールの箱)を見るとなんとまたチョウチョが羽化していました。今朝羽化したばかりのようで羽もまだたたんだまま。私が「うわ、また蝶になってる!」といったらみんな大騒ぎでよってきたので、蝶は慌てて羽を広げ、体の水分をぱっと排出しました。いわゆるチョウチョのおしっこです。(娘は今日の絵日記のテーマにそれを選びました)
しかし、チョウチョの羽化になれきった私は、、明日が休みなのに、チョウチョを野に放してやる事をすっかり忘れて帰宅してしまいました。まあ、3日くらいなら大丈夫でしょう。春の蝶はおとなしいから。

*ウチのベランダにあるサナギハウスはまだどれも羽化していません。やっぱり室内の方が先に春が来るのかな?きっと気温も関係するのでしょう。

| | TrackBack (0)

2006.04.06

やっと放流

今日晴れたので、先生がチョウチョを放してくれました、、というか、先生が帰りの会の中でそういう時間を設けてくれたんですが、ウチの娘が手に乗せて放しました。やっぱり春の蝶は少しおとなしい。他のクラスの子供達も遊んでいたのでふんずけやしないか、ちょっとびくびくでした。でも、なんとかフェンスを越えて道路の向こうの大学の敷地の方へ行けたようです。Cimg3151
娘も一年で蝶とか虫が結構さわれるようになったのが唯一の成長かな。

参考までに、去年の夏の蝶の写真をまた掲載します。光線の加減もありますが、大きさや色が違いますね。オス、メスっていうのもあるのかな?全体にメスの方が黒っぽい部分が多いそうですが。


Cimg2479

| | TrackBack (0)